2018年12月の運用実績報告

月次報告

2018年12月時点での運用成績は-167,745円、前月比は-430,881でした。

現在運用中の商品

  • トライオートFX
  • トライオートETF
  • ユーロズロチスワップさや取り
  • ウェルスナビ
  • 株価指数CFD
  • 投資信託
  • 個人向け国債(変動10年)

 

▼もった家の資産運用全体のフローはこちらの記事で紹介しています。まずはこちらをご覧ください!

【2018年11月更新】資産運用フロー図
...
スポンサーリンク

 

2018年12月末の運用状況

 

 

12月は運用成績を大きく落とし、このブログで報告するようになって初めて、実損益がマイナスになってしまいました。

大きな原因は、12/19深夜に行われたFOMC。

米ドルは0.25%利上げされ3.00~3.25%に、さらに将来の利上げについても比較的強気なコメントがされたことにより、株価が大きく下落。

震源地のアメリカはもとより、日本を含めた世界中で株価の下落が起こりました。

そのため、株価に連動するトライオートETF投資信託株価指数CFDウェルスナビは先月から大きくマイナスとなり、運用成績を大きく下げる結果となりました。

また、株価が下落したことによる『有事の円買い』により豪ドル円が下落。そのため両建てトラリピで運用しているトライオートFXも含み損を大きく増やす結果となりました。

投資商品が総崩れのなか、先月から開始した『ユーロズロチスワップさや取り』は驚くほどの安定感でコツコツとスワップポイントを稼いでくれています。

もともと暴落時にあまり影響を受けない投資先という目的で始めたのですが、今のところは見事にその役目を果たしてくれています。

 

▼2018年11月からはじめた『ユーロズロチスワップさや取り』についてのご紹介です。

【年利約10%】ローリスク・ハイリターン!?ポーランドズロチとユーロのスワップさや取り投資法
低リスクで年利10%を狙えるFXの裏技的な投資法『ユーロズロチ・スワップさや取り投資』のご紹介です。運用実績の公開から運用方法の詳しい説明、過去20年のデータをもとにした必要資金など、ばっちり解説していきます!

 

 

商品別運用状況

トライオートFX(両建てトラリピ)

 

トライオートFX(両建てトラリピ)の運用設定をこちらの記事で公開しています。

【運用設定・実績を公開中】両建てトラリピで資産運用!!
...

 

今月の運用結果

 

10月は月間の収支が+37,213円、前月までの運用資金に対する利益率は3.44%でした。

売買別では買いポジションの決済が7回、売りポジションの決済が21回となっています。

12月は豪ドル円の下落により、先月とは打って変わって売りポジションの決済が続きました。

月間の利益も37,000円オーバー、月利は3%以上と、11月の結果には及びませんが十分すぎる利益です。

 

運用推移

 

 

※『通算実損益』は確定した利益から未決済分の含み損を引いた、実際の損益を表しています。2018年6月から集計しています。

 

利益が大きかった一方、12月は豪ドル円が下落したことで含み損が大きく膨らんでいます。

含み損が少なかった11月末と比べると約20万円、含み損が増えてしまっています。月末ベースでみると、運用を始めて以来最も大きな含み損となっています。

これまで順調すぎるほど順調に来ていましたが、トラリピはこの含み損との闘いといっても過言ではありません。

大きなトレンドにより加速度的に増えていく含み損をどうコントロールしていくか、設定の見直しや運用ルールの変更も視野に入れながら、退場しないように堅実な運用を心掛けていきたいと思います。

 

▼私が運用しているインヴァスト証券のトライオートFXはこちらから口座開設ができます。キャンペーンも随時行っています!

 

トライオート
 
 
 

関連記事:トライオートFX関連

 

 

トライオートETF

 

トライオートETFの運用設定はこちらの記事で公開しています。

【設定公開】 トライオートETF
...

 

今月の運用結果

 

12月は月間の収支が0円、利益率0%でした。

11月に続き、2カ月連続の月間収支0円です。

ナスダック株価指数は相変わらず低調で、10月初旬につけた高値からはほど遠い水準です。

稼働中のプログラム『スリーカード』と『ライジング』はいずれも上昇局面で利益を上げていくタイプなので、今の水準では全く決済されることはなく、今月もただポジションを保有していただけとなりました。



運用推移

 

 


※『通算実損益』は確定した利益から未決済分の含み損を引いた、実際の損益を表しています。

 

今月は決済がゼロのうえに含み損もさらに増え、通算の実損益は減少し続けています。

12月はFOMCの利上げにより株価が大きく下落したため、ナスダック株価指数に連動するトライオートETFはその影響を大きく受けてしまいました。

利益率も-50%近くまで低下してしまい、そろそろロスカットも見えてきています。

何とか踏みとどまってほしいところですが、ちょっと厳しいかもしれないですね。


 

▼インヴァスト証券のトライオートETFの口座開設はこちらから!

 

トライオートETF

 

関連記事:トライオートETF関連

 

 

ユーロ・ズロチスワップさや取り

ユーロズロチスワップさや取りの運用設定はこちらの記事で公開しています。

 

【年利約10%】ローリスク・ハイリターン!?ポーランドズロチとユーロのスワップさや取り投資法
低リスクで年利10%を狙えるFXの裏技的な投資法『ユーロズロチ・スワップさや取り投資』のご紹介です。運用実績の公開から運用方法の詳しい説明、過去20年のデータをもとにした必要資金など、ばっちり解説していきます!

 

今月の運用結果

 

 

11月から開始のユーロズロチスワップさや取り投資はスワップ金利が+3,662円、スワップと為替損益を合わせた評価損益が+10,186円、通算の利益率は+3.4%でした。

また12月はトライオートFXで得た利益10万円をこちらに入金し、ユーロ円の売り2,000通貨とズロチ円の買い11,000通貨を追加しました。

他の投資商品が軒並み運用成績を落とす中で、額が少ないとはいえユーロズロチさや取りは驚くべき安定感で着実にスワップポイントを稼いでくれています。

今の運用商品は株価に大きく左右されてしまうものばかりなので、非常に貴重な運用方法といえます。

運用を始めたばかりなので過信は禁物ですが、 様子を見ながら少しずつ運用金額を増やしていきたいと考えています。

スポンサーリンク

 

 

ウェルスナビ

ウェルスナビの運用設定はこちらの記事で公開しています。

404 NOT FOUND | もったのコツコツ投資で資産運用ブログ

現在の運用状況

 

 

リスク許容度4で運用しています。11月末までの投資金額340,000円に対して、-29,216円。利益率は-8.6%です。

ウェルスナビも今月は株価の下落とともに運用成績を落としてしまっています。

現段階でマイナスなのは気分的にはあまりよくはないですが、積み立てをするにはむしろチャンスと言えます。

株価が安い時にしっかりと仕込んでおいて、数年先に花開くのを楽しみに待ちたいと思います。


今月の取引内容

  • 12/1 手数料  -263円
  • 12/10 米国債券(AGG)分配金  +69円
  • 12/25 米国債券(AGG)分配金  +57円
  • 12/25 不動産(IYR)分配金   +66円
  • 12/26 積立    20,000円
  • 12/26 購入    19,772円

今月の分配金は米国債券と不動産でした。
また年末スケジュールのためか、2019年1月分の米国債券の分配金も支払われています。

積み立ては今月も2万円を月末に行っています。

こうして毎月自動で積み立ててくれるので、年末年始の忙しい時期にも忘れずに積み立てられて助かりますね!

 

 

WealthNavi


関連記事:ウェルスナビ関連

 

 

株価指数CFD

現在の運用状況

 

 

 

2018年7月から運用しているイギリスの株価指数FTSE100です。証拠金200,000円でFTSE100を1枚購入しています。

12月は配当金も約800円と少なかったのですが、何より株価の下落により大きく評価損を減らしてしまっています。

本来であれば株価が下がっているところで買い増しをしたいところではありますが、株価に連動しないユーロズロチさや取りの割合を増やしたいと考えているので今のところは様子見です。

強制ロスカットまではまだまだ余力があるので、配当をもらいながら株価が回復するのをゆっくりと待ちたいと思います。

 

参考

▼株価指数CFDについて簡単にまとめた記事です。

 

株価指数CFD を始めます!
...

 

 

投資信託

現在の運用状況

 

 

 

投資信託は12月末時点での評価損益が-130,047円、積み立て金額に対する通算の利益率は-8.2%となりました。

12月は株価が大きく下落し、ブログ開設以来初めて評価額がマイナスに落ち込んでしまいました。

投資資金のほとんどを米国株式と日本株式に投資しているのでしょうがないのですが、株価の動向に大きく左右されてしまいますね。先月と比べると、約11%も下落しています。

評価額は下がってしまっていますが、逆に今は1割以上安く買える時期でもあるので積み立てのチャンスと考え、将来に向けてコツコツと積立を継続していきたいですね。

 

今月の取引内容

積立購入
 楽天・全米株式インデックスファンド 40,000円
 ひふみプラス            20,000円

スポット購入(20,000円)
 iFree NYダウ インデックス      10,000円
 楽天・全米株式インデックスファンド 10,000円

 

今月は通常の積立購入のほかに、iFree NYダウ インデックス10,000円、楽天・全米株式インデックスファンドを10,000円追加購入しています。

これはアメリカ株価(S&P500)が一時直近最高値(2,925ドル)から20%以上下落したため、マイルールに従ってアメリカ株式のインデックスファンドを20,000円追加したためです。

このところアメリカを中心に株価は不安定な動きを見せているので、しばらくは株価は低迷するかもしれません。安いところでしっかりと仕込みながら株価の回復を待ちたいと思います。

 

参考

▼私の投資信託の運用方法はこちらの記事で紹介しています。

 

404 NOT FOUND | もったのコツコツ投資で資産運用ブログ

 

 

個人向け国債

個人向け国債(変動10年)を2017年11月から5,000,000円で始めています。元本保証で普通預金・定期預金よりはましかな、という感覚です。

今月は特別な動きはありません。

コメント