1/7 日次報告(トライオートFX、トライオートETF)

日次報告

1/2
トライオートFX 0円(未決済分 -429,886円)
トライオートETF 0円(未決済分 57,675円)

1/3
トライオートFX -116,350円(自動売買分:14,000円、裁量分:-130,350円)(未決済分 -355,792円)
トライオートETF 0円(未決済分 -63,508円)

1/4
トライオートFX 10,021円(未決済分 -278,622円)
トライオートETF 0円(未決済分 -57,050円)

1/7
トライオートFX 5,774円(未決済分 -264,470円)
トライオートETF 0円(未決済分 -54,721円)  

 

2019年最初の日次報告です。正月中更新をさぼっていたので、4日分まとめての報告になります。

この期間中の損益はなんと、-100,555円でした。

 

この大きな損失の原因は、1月3日の朝に起こったフラッシュクラッシュ(瞬間的暴落)によるものです。

じつは昨年末、年末年始の相場急変に備えてふたつの対策を取っていました。

一つは証拠金を一時的に増やしたこと(70万円を年末に入金)、そしてもう一つが過去のサポートラインを割ったときに一気に相場が崩れてロスカットされるのを防ぐために、サポートラインの少し下71.8円のところに、逆指値で買い注文と同じ枚数の7.5万単位の売り注文を入れていました。

両建てにしておけば相場が一気に下落してしまっても損失が限定され、ロスカットは免れると考えたためです。

 

そして幸か不幸か、その心配は見事に的中。1月3日の朝、76円付近だった豪ドル円はほんの10分ほどで70円割れ⇒73円半ばと、とんでもない動きをしました。

そんな中で、71.8円の売り注文はしっかりと約定。気づいたときには約13万円の含み損を抱えていました。

証拠金を増やしていたため、70円割れくらいであれば全然大丈夫だったので、この逆指値は完全に無駄なポジションでしたね。

とりあえずすぐに円高に向かう気配もなかったので、泣く泣く損切り。年初からー13万円のスタートとなってしまいました。

”それがなければ”この4日間で約3万円の利益となっていただけに、悔しいですねー。

 

まあ、過ぎてしまったことはしょうがないので、いかに次に活かすかが大事です。

今年は去年よりも円高への動きが強そうなので、再び70円割れする可能性も考慮しながらリスク管理を徹底しておきたいと思います。

 

今回は手痛い出費となりましたが、生き残ることができているので問題なし!です!!

 

 

私の運用設定はこちらの記事で公開していますので、ぜひご参照ください。

 

【運用設定・実績を公開中】両建てトラリピで資産運用!!
...

 

【設定公開】 トライオートETF
...

 

 

コメント