【実績公開】 トライオートFX(両建てトラリピ) の週間利益 11/12~11/16

運用成績

今週のトライオートFX(両建てトラリピ)の週間利益は+7,029円でした。

 

FXトレードの最終形態とも噂される『トライオートFX

多彩な自動売買プログラムと高いカスタマイズ性で、現在注目の取引システムです。

 

私はこのシステムを使って、【両建てトラリピ方式】によって完全放置の自動売買を行っています。

それでは、今週の運用結果をご覧ください。

 

 

 

トライオートFX 今週の運用利益

豪ドル円 日足チャート

今週の運用結果

今週の豪ドル円は月曜日に下落した後火曜日から上昇し、結局先週の高値付近で週末を迎えています。

決済状況も買いポジションが2回、売りポジションが3回とバランスよく決済され、トラリピとしては理想的な値動きです。

それにしても豪ドルは強いですね。週の前半で82円を割れたときはまた80円を目指すかと思ったのですが、すぐに切り返し再び82円を回復しています。

今年前半のレンジが82円から84円、夏以降のレンジが79円から82円くらいなので、今はちょうどその境目にいる感じです。

ここからさらに上を目指すのか、再び79円を目指すのかはわかりませんが、このあたりのレンジで上下してくれているうちは含み損も大きくなく、安心感がありますね。

 

トライオートFX 収支推移

これまでの売買別の週間利益と、収益の推移です。

※棒グラフの『買い収支』『売り収支』はトライオートFXの運用を始めた2018年3月からの合計です。また、折れ線グラフの『通算実損益』は通算利益と未決済分を合算したもので、2018年6月25日の週からの統計になります。

 

今週は決済が順調、さらに含み損も減少したため、通算の実損益は過去最高を更新しています。

先週・先々週は下落からの回復で買いポジションのみの決済で利益を伸ばしましたが、今週は売りポジション・買いポジションの両方が決済され、両建ての本領を発揮した一週間でした。

 

今は決済も順調で含み損も少ないのでかなり低リスクで運用できているように見えますが、トラリピはその性質上大きな含み損を抱えながら運用する期間が必ず訪れます。

実際には今の運用は比較的リスクを取った運用設定にしているので、調子に乗ってこれ以上リスクを増やさないように気を付けていきたいと思います。

 

 

トライオートFX まとめ

2018年3月に運用を始めてからの確定利益とこれまでに出金した金額です。

運用金額の10%(=10万円)の利益がでるたびに出金するルールで運用をしています。

節目の30万円まであと14,000円ですので、うまくいけば今月中には出金できそうです。

早く運用元本の100万円を早く出金して、この運用でのプラス収支を確定させたいですね。

 

このように、両建てトラリピ方式は一度運用方法を設定すればあとはすべてシステムが自動で取引をしてくれるので、ほったらかしでの運用が可能です。

忙しい現代人にぴったりの運用方法ですね!

また、トライオートFXはこれ以外にも魅力的な自動売買プログラムを多数取り揃えていて、様々なニーズにこたえる事の出来る、まさに『FXトレードの最終形態』といえるシステムです。

口座登録も無料で、さらに今ならお得なキャンペーンも実施しています。

 

 

もしあなたが、「FXって怖いんじゃないの?」「どのくらいのリスクがあるの?」など迷っていたら、こちらのブログでありのままの結果を随時報告していきますので、是非参考にしてください!

 

関連記事:トライオートFX(両建てトラリピ)関係

 

関連記事:運用実績関係

 

コメント