【実績公開】 ウェルスナビ の運用状況 12/3~12/7

運用成績

2018年1月から運用中のウェルスナビは12/9の時点でー14,156円です。

誰でも手軽に資産運用を始められることで話題のウェルスナビ

最初に簡単な6つの質問に答えるだけで、すぐにその人にあったおすすめの運用設定(=リスク許容度)を提案してくれます。

手軽に投資の王道、長期・積立・分散ができ、しかも基本はノーメンテナンスのほったらかし運用ということで、資産運用初心者には特におすすめの投資方法です。

私も2018年1月から始めていて、毎月2万円ずつをコツコツと積み立てています。

それでは、今週までの運用結果をご覧ください。

現在の運用状況

現在は株式クラスの配分が多めのリスク許容度4で運用しています。リスク許容度はこちらの記事の考察をもとに決めました。

今週は株式が大荒れの展開でした。月曜日から大きく上下しましたが結局下落し、ウェルスナの運用成績も先週と比較して悪化しています。

資産クラス別にみると相変わらず日欧株と新興国株が低調ですね。特に日欧株は10%以上のマイナスとなっています。

現段階での運用成績自体は良くないですが、ウェルスナビは長期・積み立てで運用しているので、今の時点での株安や円高は大歓迎です。

今のマイナスが将来の利益につながることを信じて、コツコツと積み立てていきたいと思います。

今週の取引

今週は米国債券の分配金がありました。

ごく少額ですが、毎月少しずつ配当を出してくれるのでちょっとうれしいですね。

これまでの運用推移

ウェルスナビの運用推移です。

少し持ち直しつつあった運用成績も、先週の株価の下落によりまた大きくマイナスに戻っています。

繰り返しになりますが、長期・積み立てのウェルスナビでは積み立て時期の株安・円高は大歓迎で、その時に積み立てた分だけ相場が戻ったときに大きな利益になります。そういう意味では、運用成績がマイナスの今は『絶好調』といえるかもしれません。

つい目先のプラスマイナスに目を奪われがちですが、長期投資であることを忘れずに、焦らず淡々と落ち着いて運用していきたいですね!

ウェルスナビは簡単な設定で誰でも手軽に投資の王道、長期・積立・分散を実現してくれる優れた投資方法です。

世の中にはたくさんの投資方法がありますが、ここまで手軽に、でも本格的に資産運用ができるものは他にはないんじゃないでしょうか。

また投資の基本をしっかりと押さえてくれるので、ウェルスナビの運用をきっかけに『投資とはどういうものか』『自分にはどんな投資が向いているのか』を知ることができ、資産運用の最初の一歩としては最適な投資方法です。

もしも決心がつかないようでしたら、こちらのブログで随時運用結果を報告していきますので、ウェルスナビの運用がどんなものなのか、ぜひとも参考にしてください!

関連記事

ウェルスナビ関係

運用実績関係

コメント