株価指数CFD を始めます!

投資についての考え方

現在運用しているトライオートFX(擬似トラリピ)、トライオートETFウェルスナビ投資信託個人向け国債に加え、来月から株価指数CFDを新たに始める予定です。

株価指数CFDとは?

FX(外国為替証拠金取引)と同様に証拠金を元手にレバレッジをかけられる商品で、FXが為替を取り扱うのに対し、株価指数CFDでは株価指数、つまり日経平均やダウ平均を対象にしています。

ちなみにCFD自体は株価指数以外にも、個別株や債券など様々なものを対象にしているようです。

イメージとしては、レバレッジをかけて少ない資金でインデックス連動型のEFTを買うことができる、といった感じでしょうか。

魅力は高い配当金。

少ない資金でインデックス連動型のEFTを買う、というのであれば投資信託でも同様のものがあるので、それ自体にはあまりメリットはありません。

最大の魅力は、『銘柄によって配当金がつく』ことです。

こちらは株価指数CFDで購入できる4つの株価指数の予想配当利回りです。

日経225も1.9%と健闘していますが、NYダウは2.3%DAX(ドイツ)は3.2%、そしてFTSE100(イギリス)はなんと4.4%です。

そしてレバレッジをかけて運用できるため、例えばFTSEをレバレッジ2倍ならば8.8%、3倍ならば13.2と、FXの高金利通貨並みの運用が可能になります。

為替は長期的にどちらに動くか誰もわからないのに対し、株価指数は長期で見れば基本的には上昇していく可能性が高いため、FXのスワップ運用よりも安定した運用が可能ではないかと考えられます。

勉強のために少額からスタートします

とりあえず勉強を兼ねて、最も配当利回りの高いFTSE1001枚、運用していきます。

取引口座は投資信託積立でも利用しているSBI証券に口座開設しました。

今週のどこかで買ってみようと思います。購入した際にはまた報告いたします。

私の運用方針をこちらの記事に記載しています。

【実績公開】 ウェルスナビ の運用状況 8/20~8/24
運用中のロボアドバイザー投資『 ウェルスナビ 』は8/25の時点で投資総額260,000円に対して+3,437円です。私のウェルスナビの設定はこちらの記事で公開していますので、是非ご覧ください。 現在の運用状況ウェルスナビの取引画面です。相

現在運用している商品についての設定等はこちらの記事で紹介しています。

トライオートFX(擬似トラリピ)

トライオートETF

ウェルスナビ

投資信託

コメント