【少額運用】3万円から始めるトラリピのススメ

FX

ほったらかしの資産運用で大人気のトラリピ

手軽さ利回りの良さはもちろんですが、同じ設定ならば同じ結果になる再現性の良さも人気の秘密ではないでしょうか?

トラリピの設定を公開している有名ブロガーの方々も多いので、その方たちと同じ設定をするだけですぐに同じように稼ぐことができます。

ブロガーの方たちが公開している運用結果を見ることができるのも心強いですよね。

トラリピは運用初心者にぜひともおすすめですが、ひとつ問題があります。

トラリピ運用には意外と資金が必要なのです。

運用する通貨やリスクの取り方にもよるのですが、安全にある程度の利益を得ようとすると、少なくとも30万円~50万円くらいは必要です。

資金が少ないと、トラップ幅が広くてほとんど注文が成立せずあまり儲からないうえにつまらないですし、それを嫌ってトラップ幅を狭めると一気にリスクが高くなって少し相場が崩れただけで強制ロスカットされてしまいます。

トラリピは一にも二にも資産管理が重要ですので、有名ブロガーの方たちのように運用するためにはそれなりの資金が必要なのです。

では、これからトラリピを始めるためには何十万も貯めてからでないとだめなのでしょうか?

実はひと手間かければ1/10の資金、つまり3万円~5万円くらいで始める方法があるんです。

この記事はこんな人に読んでほしい!

□ トラリピはやってみたいけど、何十万円も用意できない人

□ トラリピの運用する通貨ペアを増やして、もっと分散投資をしたい人

スポンサーリンク

トラリピを1/10の資金で始める方法とは

トラリピはマネースクエア独自の注文システムですが、他の証券会社でもそれぞれ少しずつ違いはあるものの同様のリピート系注文が再現可能です。

代表的なものは次の6つです。

注目していただきたいのはマネーパートナーズFX nano の連続予約注文の取引単位です。

他のシステムが1,000通貨単位なのに対して、連続予約注文はなんと100通貨単位!

そう、トラリピを1/10の資金で運用する方法というのは、このマネーパートナーズ FX nano の連続予約注文のことなのです。

もった
もった

マネーパートナーズの口座開設方法を丁寧に解説した記事です。

パソコン・スマホの両方を紹介していますので、口座開設の際にはぜひ参考にしてください!!

【マネーパートナーズ】口座開設方法を優しく解説【パソコン/スマホ】
...

マネーパートナーズ FX nano『連続予約注文』の特徴

連続予約注文ってどんなもの?

連続予約注文は他のリピート系注文のトラリピやトライオートFXとは少し異なり『同じ注文を最大20回繰り返す』ことのできる注文方法です。

つまり、例えば米ドル/円を100円で買い101円で売るという注文をあらかじめ20回予約することができるので、これを想定したレート幅に対して発注することでトラリピと同様の取引ができるようになります。

メリット

100通貨単位でOK

マネーパートナーズ FX nano では他のリピート系注文にはない100通貨単位での取引で、1/10の資金でトラリピ運用が可能。なんと3万円でリピート系運用が始められます。
少額から始めてみたい方はもちろんですし、『30万円用意して10通貨ペアに分散投資!』のような方法も可能ですね。

手数料・スプレッドは激安 リピート系NO.1

リピート系注文は手数料やスプレッドが高めの会社が多いのですが、マネーパートナーズは違います。

※ ー表記の通貨ペアは原則固定ではないもの。

このように、米ドル/円ならば0.4銭、豪ドル/円は0.9銭のスプレッドのみで取引ができてしまいます。リピート系では圧倒的な低コストです。

この取引方法は多くの注文・決済を繰り返して利益を重ねていきますので、手数料とスプレッドはとても大事です。

これだけでもマネーパートナーズを選ぶ理由としては十分ですね!

約定力が強い

小さい値動きをコツコツ拾っていくリピート系運用では、約定力はとても大事な要素です。

リピート系注文にとっては何か大きなニュースがあって相場が激しく上下しているときが一番の稼ぎ時ですので、約定力の強さはそのまま利益に直結します。

マネーパートナーズFX はこの『約定力』ランキングでなんと9年連続で1位を獲得しています。

マネーパートナーズは、すべらない』を合言葉に、スリッページ発生率0%、約定拒否発生数0%を誇り、安心して自動売買を任せられます。

デメリット

連続予約注文は『半自動売買』

連続予約注文は最大20回分の注文なので、発注⇒決済が20回転する前に連続予約注文を更新する必要があります。

利確幅の設定に左右されますが、豪ドル/円で利確幅1円での運用であれば数カ月に一度くらいの頻度でしょうか。

ちょっと面倒ですが、少額でコストが少ない代わりの手間賃と考えるべきでしょうね。

逆指値注文ができない

連続予約注文は逆指値に対応していないので、例えばドル/円が100円のときに95円~105円のレンジに買い注文を入れたい、というケースでは95円~100円までしか注文することができません。

101円に買い注文を入れるためには、①ドル/円のレートが101円を超えてから発注する、②最初の注文は101円に通常の逆指値でのIFD注文をしておいて102円で決済されたら改めて発注する、の2つの方法があります。

どちらも若干面倒ではありますが、しかたないですね。

HPによると改善を検討中とのことですので、今後のバージョンアップに期待しましょう。

連続予約注文 特徴のまとめ

〇 マネーパートナーズFX nano では100通貨単位からの取引が可能
〇 手数料が激安 米ドル/円は0.4銭、豪ドル/円は0.9銭で取引可能
〇 約定力が強い 9年連続約定力ランキング1位
△ 連続予約注文は『半自動』 数カ月に一度、メンテナンスが必要
△ 逆指値注文ができない

トラリピやトライオートFXなど他のリピート系注文と比べると、発注方法やメンテナンスに若干の手間がかかりますが、圧倒的な低コストと100通貨単位での少額運用が可能という点で、手間を惜しまなければリピート系No.1の注文方式です!

連続予約注文の方法

ここからは連続予約注文の注文方法を解説していきます。例としてこのような注文をしていきたいと思います。

通貨ペア    米ドル/円
取引単位    100ドル
仕掛けレンジ  90円~110円、買い
注文間隔    1円(21本)
利確幅     1円

ドル/円を90円から110円まで、1円おきに利確幅1円の注文を入れていきます。100ドルずつの取引なので、100円ずつの利益を積み重ねていく仕掛けになります。

ドル/円が90円の時の含み損を含めた必要証拠金は29,400円で、ギリギリ30,000円で運用できるプランです。

マネーパートナーズの会員専用サイトの右中央部分から PFX nano のクイック発注ボードをクリックします。

マネーパートナーズには2つのFX口座がありますが、100通貨単位から運用できるのはnano口座なので間違えないように!

トレード画面の右に発注ボードがあります。最初に右上の歯車のアイコンをクリックして発注の設定を行います。

ここで利確幅の設定をしておくと後の操作が少し楽になります。

ポップアップ画面が表示されますので、スクロールして『【連続予約設定】決済注文(利食い)設定』の設定を変更します。

初期設定では30pipsと50pipsになっています。今回は1円(=100pips)で利食いしたいので、50pipsの部分を100pipsに変更します。これで100pipsの利確注文をワンクリックで設定することができるようになりました。

再び発注ボードに戻り、赤枠の部分(通貨ペア・数量・連続予約・売買・指値・利食い幅)を順次入力していきます。

上記の例はドル/円・数量100ドル・連続予約・買い・指値90円・利確幅100pips(1円)の発注例です。

入力したら左下の『続けて注文を入力する』をクリックします。

続けて注文を入力する』をクリックすると、似たような画面が再度表示されます。

赤字で囲った部分が『連続2回目』『前注文の利食い約定時』になっていることを確認し、再度『続けて注文を入力する』をクリックします。

連続2回目』は連続注文の発注回数です。最大回数の20回注文する場合はこれが『連続20回目』になるまで『続けて注文を入力する』をクリックし続けます。

連続条件を『前注文の利食い約定時』にすると、前の注文が決済されるまでは次の新規注文を発注しない設定になります。トラリピと同様の発注にする場合はこの条件を使用します。

続けて注文を入力する』を20回クリックしたら『連続予約を完了し発注する』をクリックします。

注文確認画面が出てきますので、注文内容に間違いがないかを確認し、『注文する』をクリックし発注を完了します。

これで『ドル/円を90円で100ドル買って91円になったら売る』注文が発注されました。

あとはこれを1円刻みで110円まで繰り返せば、90円~110円まで資金3万円で運用できるトラリピ設定が完了します。

ちょっと面倒ですが手順自体は単純なので、作業には意外と時間はかかりません。

注文数が多いと作業の途中でどこまで注文したかがわからなくなる場合がありますので、どこまで注文したかメモをとりながら作業することをお勧めします。

まとめ

マネーパートナーズ FX nano の連続予約注文は、通常の10分の1の資金でリピート系注文が可能
□ 手数料が激安
□ 連続20回までなので、数か月に一度のメンテナンスが必要
□ 発注は他のリピート系よりも少し面倒 

他のリピート系注文よりも少々手間はかかりますが、他のリピート系注文の10分の1の資金で始められ、さらに手数料も激安と、リピート系最強の発注方式ではないでしょうか。

資産運用は始める時期が早ければ早いほど、複利効果により大きなリターンが期待できます。

少額からでも始められるマネーパートナーズ FX nano は、トラリピを始めてみたいけどあまり多くの資金は用意できない方や、いきなり何十万も運用するのはちょっと怖い、という方にはぜひおすすめです。

この機会に、マネーパートナーズ FX nano連続予約注文で『3万円からのトラリピ運用』を始めてみませんか?

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

【マネーパートナーズ】口座開設方法を優しく解説【パソコン/スマホ】
...

関連記事:両建てトラリピ

インヴァスト証券のトライオートFXで両建てトラリピを運用しています。

今回ご紹介した『マネーパートナーズの連続予約注文』ならば同じことを10分の1の資金・損失・利益で運用を始められます。

ぜひ、ご参考にしてください。

コメント