ウェルスナビ for SBI証券は損かも? 口座を開くならウェルスナビ本体に直接申し込みましょう!

ウェルスナビ
こつめ
こつめ

ウェルスナビを始めたいんだけど、いろんな口座があってよくわからないよー

もった
もった

ウェルスナビは提携先が多いから選ぶのが大変だよね。
でも、これから始めるなら「ウェルスナビ本体」が断然おすすめだよ!

こんにちは。もったです。

全自動で資産運用ができるロボアドバイザー「ウェルスナビ」。
私も2年以上運用していますが、はじめての資産運用にぴったりのサービスです。

実はこのウェルスナビ、直接申し込む以外にも10社以上の提携会社からも申し込むことができます。
ウェルスナビは複数の会社で運用することができないので、”どこに申し込むのか”はとても重要です。

もった
もった

どんな違いがあるのか、調べてみました!

ウェルスナビのサービス提供会社は全13社!

現在、ウェルスナビは本体を含めて13社からサービスが提供されています。

メインとなる運用自体は変わらないのですが、細かい点に結構違いがあります。

もった
もった

各社の違いを一覧表にしてみました!

最低投資額マメタス長期割その他サービス
ウェルスナビ(本体)10万円独自キャンペーン
ウェルスナビ for SBI証券10万円
ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行10万円銀行利用の優待
ウェルスナビ for ソニー銀行10万円銀行利用の優待
ウェルスナビ for イオン銀行10万円
ウェルスナビ for 横浜銀行10万円
ウェルスナビ for JAL10万円マイルが貯まる
ウェルスナビ for TOKYU POINT10万円ポイントが貯まる
ウェルスナビ for auじぶん銀行10万円
ウェルスナビ for 東京海上日動10万円
ウェルスナビ for ODAKYU10万円ポイントが貯まる
ウェルスナビ for ANA30万円マイルが貯まる
ウェルスナビ for ネオモバ1万円
こつめ
こつめ

ウェルスナビ(本体)に〇が多いね。

もった
もった

ひとつずつ説明していきます!

最低投資額は1万円~30万円

ウェルスナビを始めるとき、最初に入金しなければならない金額が「最低投資額」です。

少し前は各社で違いがありましたが、今はほとんどが10万円になっています。

最低投資額:10万円
  • ウェルスナビ(本体)
  • ウェルスナビ for SBI証券
  • ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行
  • ウェルスナビ for ソニー銀行
  • ウェルスナビ for イオン銀行
  • ウェルスナビ for 横浜銀行
  • ウェルスナビ for JAL
  • ウェルスナビ for TOKYU POINT
  • ウェルスナビ for auじぶん銀行
  • ウェルスナビ for 東京海上日動
  • ウェルスナビ for ODAKYU
最低投資額:30万円

ウェルスナビ for ANA

最低投資額:1万円

ウェルスナビ for ネオモバ

この中でひときわ目を引くのは「ウェルスナビ for ネオモバ」の1万円。
10万円以下の少額で運用をはじめるためには、唯一の選択肢ですね。

もった
もった

私が始めたころはウェルスナビ本体の最低投資額が100万円とかだったので、だいぶ始めやすくなりましたね。

こつめ
こつめ

ウェルスナビは庶民の味方だね

長期割はウェルスナビ本体だけ

「長期割」は運用を一定期間以上続けた人へのサービスです。
通常1%の手数料を最大で0.9%まで割引してくれます。

※ウェルスナビ公式HPより

  • 半年ごとに手数料が減額
  • 運用金額が50万円以上 : 0.01%ずつ減額
  • 運用金額が200万円以上 : 0.02%ずつ減額
  • 「長期割」はウェルスナビ本体のみ

注意点は運用金額が50万円以上でないと適用されない点と、ウェルスナビ本体のみのサービスという点です。

50万円以上運用していれば、5年半で手数料は0.9%になります。
手数料は運用成績に大きく影響しますので、とてもうれしいサービスですね。

もった
もった

手数料は安ければ安いほどいいよね。

こつめ
こつめ

安いのは正義!

その他の特典は各社さまざま

ウェルスナビでは各社さまざまなキャンペーンや特典を提供しています。

ウェルスナビ本体は先ほどご紹介した「長期割」のほかに、入会キャンペーンを定期的に開催しています。

※ウェルスナビ公式HPより

こつめ
こつめ

どうせならキャンペーン特典もしっかりもらっておきたいよね!

また、ウェルスナビ本体以外の場合、銀行の取引手数料が無料になったり、マイルやポイントが貯まるといった独自のサービスを展開しているところもあります。

銀行手数料の割引
  • ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行
  • ウェルスナビ for ソニー銀行
マイルやポイントが貯まる
  • ウェルスナビ for ANA 【100万円につき50マイルを年4回】
  • ウェルスナビ for JAL 【1万円につき0.5マイル/月】
  • ウェルスナビ for TOKYU POINT 【1万円につき1ポイント/月】
  • ウェルスナビ for ODADKYU 【1万円につき1ポイント/月】
こつめ
こつめ

マイルやポイントに還元してくれるのもあるんだね。
でも、還元率はあまりよくないみたい・・・

もった
もった

キャンペーンや特典は時期によって内容が変わるので、最新の情報は公式サイトで確認してください!

マメタスが使えるのは4社

マメタス」は家計簿アプリと連動して、お釣りを自動的に運用にまわすことのできるサービスです。

すべての会社がマメタスに対応しているわけではなく、今のところ次の4社が対応しています。

マメタスが使える口座
  • ウェルスナビ(本体)
  • ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行
  • ウェルスナビ for ソニー銀行
  • ウェルスナビ for 横浜銀行
もった
もった

マメタスは手数料がかかるのが気になるんだよな・・・

こつめ
こつめ

使うかどうかは別として、やっぱり対応しているほうがいいよね。

まとめ:ウェルスナビ本体がおすすめ!

いろいろと比較してきましたが、結論としては「ウェルスナビ本体」が一番おすすめです。

ウェルスナビ本体の良いところ
  • 長期割に唯一対応
  • 最低投資額は他と同様の10万円
  • マメタスに対応
  • キャンペーンも充実

なんといっても手数料を減額できる「長期割」があるのが大きいですねー。
キャンペーンも充実していますし、最低投資額やマメタスへの対応など、正直ほかを選ぶ理由はないかな、という感じです。

あなたも資産運用の第一歩を、ウェルスナビで始めてみませんか?

最短1分で完了!

口座開設も無料です。

コメント